保存会について

大島を救った船「ひまわり号」は、震災後も気仙沼と大島を繋ぐ足となり走りました。2019年3月「気仙沼大島大橋」が建設され、車や歩行で島を行き来出来る事が可能になり引退しました。
菅原は当初ひまわりを解体するつもりでした。しかし、ある小学生から「ひまわりを残してほしい」という内容の手紙を頂き、気持ちが変わり震災遺構として保存出来ないか考えました。その考えに私たちひまわりを愛する者が賛同し
会長は医師で作家の「鎌田實」さん、特別顧問にシンガーソングライターの「さだまさし」さんに就任頂き、臨時船「ひまわり」を保存する会を発足しました。

会則はこちらをご覧下さい。

 
会長 鎌田 實さん
特別顧問 さだまさしさん

保存する予定地
〒988-0622 宮城県気仙沼市中山(菅原家自宅前)

保存にご興味のある方は、プライバシーポリシーをご確認の上、下記フォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。

<プライバシーポリシー>

<利用目的>
このお問い合わせでご提出いただく個人情報は、ご依頼頂いた事項に適切に対応し管理するために利用します。
<第三者提供>
法令に基づく場合を除いて、ご本人様の同意なく当個人情報を第三者に提供することはありません。
<委託>
当個人情報の取扱いを委託することがありますが、委託にあたっては、委託先における個人情報の安全管理が図られるよう、委託先に対する必要かつ適切な監督を行います。
<個人情報をご入力するにあたっての注意事項>
必要事項が記載されていない場合、最適なご回答ができない場合があります。

<お問合せフォーム>